映画は字幕なしで見たいブログ

英語とフランス語がもっとできたらいいのにね

占領下のフランス②ナチスを焼き尽くせ(『イングロリアス・バスターズ』)

 

  ナチス占領下のフランスを舞台にしたハチャメチャな復讐ドラマ。ナチスに復讐する連合軍の秘密部隊「イングロリアス・バスターズ」(ブラッド・ピットイーライ・ロス他)の活躍がメインのプロットとしてあるが、今回取り上げるのは、ナチスに家族を皆殺しされたユダヤ人女性ショシャナ(メラニー・ロラン)の復讐劇。


 何とか生き延びたショシャナは農村からパリに潜伏し、映画館で働いている。そこに、ナチスの首脳陣が集まってドイツ軍のプロパガンダ映画『国民の誇り』をプレミア上映する、という話が舞い込む。復讐を狙う身としては願ってもないチャンス。ショシャナは『国民の誇り』のフィルムに細工を施し、ナチスを待ち受ける…。

 

 ここからネタバレ注意。
 『国民の誇り』は連合軍250人を狙撃したドイツ兵の活躍を映画化したものだが、ショシャナはその終盤を勝手に編集し直し、いきなり自分のどアップのショットを挿入する。そして、どアップのショシャナはナチスの首脳陣たちに、「お前たちは全員死ぬ。最後にこのユダヤ人の顔をよく見るがいい!」と叫び、高笑いする。映画を国民の戦意発揚の道具に使ってきたナチスの首脳陣たちの「人生最期の映画」が、奇しくもユダヤ人からの死刑宣告になってしまったというわけだ。
 逃げ惑うナチス。会場に響き渡るショシャナの笑い声。映写機から投影された映像が、館内を包んだ白煙に映り、笑い続けるショシャナの顔がモコモコと変形。不気味なことこの上なし。

 

 ショシャナにとって、プレミア上映は一世一代の大勝負。いよいよナチスとの決戦に挑むというとき、ショシャナは入念に化粧をする。
 いにしえの時代から人類は戦闘に挑むとき、不安を制御し呪術的な力を得るために化粧を施してきた。ショシャナが赤いチークを両方の頬に引いたとき、これから狩りに出ようとする未開の民族のような雰囲気が一瞬漂う。

 

 ここで驚いたのはBGMの使い方。いよいよクライマックス、という場面でいきなり1980年代前半の「レッツ・ダンス」のころのデヴィッド・ボウイの曲「キャット・ピープル」がかかるのだ(使われているのはジョルジオ・モロダーとの共演版)。時代考証もこれまでの音楽との整合性もムチャクチャ。かなり唐突なのでびっくりしたが、よくよく後で調べると、「キャット・ピープル」は、

 

And I've been putting out fire
With gasoline
(おれは愛の炎を消そうとしている
 ガソリンで)


という歌詞で、恋愛ドラマも含んだショシャナの心境とちゃんとつながり合っていたことが分かった。奇才タランティーノが奇才である所以だ。

 

 『イングロリアス・バスターズ』は日本国内ではタラちゃんのハチャメチャ映画みたいに宣伝されていたが、デヴィッド・ボウイしかり、いろんな部分でいろんな映画やいろんな史実とつながっていて味わい深い映画になっている。
 東浩紀的にいうと『イングロリアス・バスターズ』はいろんな(広義の)オタクたちがいろんな「データベース的消費」を楽しめる屈指の映画にできあがっていたのだった。

占領下のフランス①豚肉50キロを持って縦断(でも邦題は『パリ横断』)

 

 

La Traversée de Paris

 『パリ横断』(1956年フランス、クロード・オータン=ララ監督)は占領下のパリが舞台。
 失業中のマルタンブールヴィル)が闇市の仕事を引き受け、街で出会ったグランジル(ジャン・ギャバン)という男と豚肉を運ぶ話。この2人の珍道中が面白い。

 グーグルマップによると、オーステルリッツ駅にほど近いポリヴォー通り45番地(5区)からモンマルトルのルピック通り(18区)までは約7キロ、徒歩で1時間半ほどかかる距離。これを1人50キロの豚肉を持って運ぶのだから結構な労働だ。

 

f:id:HorseFeathers:20190731195753j:plain

『パリ横断』のルート

 

 (地図を見れば一目瞭然だがパリを北上するルートなので、厳密に言うと『パリ横断』という邦題はおかしい。『パリ縦断』だ)

 「闇市がどんなものか知りたい」という興味本位だけで仲間になった裕福な画家グランジルと、生活が懸かっているマルタンの漫才のような掛け合い。ルイ・ド・フュネスも出番は少ないが強烈な印象。ナチスの圧政にあえぐ庶民の悲劇でありながら笑いどころ満載の喜劇でもある。

 クロード・オータン=ララと言えばフランソワ・トリュフォーに酷評された旧世代の監督だが、スタジオ中心の撮影がこの作品では功を奏している。
 灯火管制下の薄暗いパリの夜が独特の雰囲気を醸し出している。光と影の使い方が秀逸。特に終盤のあのシーンはびっくりした。暗闇に包まれたパリはブラッサイの『夜のパリ』を想起させる、無機質な美しさだ。
 音も面白い。静かなパリに足音がコツコツと響く。これも人工的で無機質な感じでいい。

Frances: Undateable?「フランシス・ハ」

 「あのタランティーノ監督が"2013年の映画ベスト10"に選出!」というのもむべなるかな、「フランシス・ハ」は傑作だ。

 

  

 

ロメール2.0

 フランス映画へのオマージュあふれる、という部分もツボだが、それ以上にグレタ・ガーウィグ演じるフランシスの魅力&愛嬌に尽きる!

 デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」で主人公フランシスを走らせるのはレオス・カラックスの「汚れた血」のドニ・ラヴァンへのオマージュだが、どちらもほとばしる刹那の青春を感じさせる。

 アラサー女性の彷徨ストーリーはエリック・ロメール的。だが数々の引用にもかかわらず鼻につく感じは全くなく、むしろよりよい形でフランス映画の遺産がアップデートされている。「ロメール2.0」といったところか。

ソフィーについて

 フランシスの親友ソフィーを演じたミッキー・サムナーは、なんとスティングの娘。

 字幕の字数制限からはみ出したところをちょっと見てみたい。

 レヴとベンジーにソフィーについて説明する場面。

Well, we're best friends. She's been to my house for Christmas three times.

(ソフィーとは親友同士なの。クリスマスに3回うちに来た)

Why doesn't she go to her own house?

(ソフィーは実家に帰らないの?)

She's Jewish.

(彼女、ユダヤ系だから)

  この会話が気になって調べるまで、ユダヤ系がクリスマスを派手に祝わないということを知らなかった。

 逆に、ニューヨークに関してもっと知識があるとこういう映画をもっと楽しめるのだろう。

 

非モテ系(undateable)

 この映画で何度も登場する「非モテ」というキーワード。

 原語では「undateable」と言っている。

 フランシスが「愛がなきゃ(セックスはダメ)」とか「私は家から出るのも億劫。ヴァージニア・ウルフの小説みたい」などと言うたびにベンジーがからかい半分で「Frances: undateable.(非モテ確定/恋愛対象外)」と繰り返す。

 フランシス本人もプルーストを原書で読みたいと言った後で「Undateable.(恋が遠のく!)」と冗談めかして使っている。

 ズボラで行動が非合理的。確かに現実世界にいるとundateableだが美しいスクリーンで見るとものすごく魅力的に映る。それがFrances Haだ。

ごきげんななめのてんとうむし(The Grouchy Ladybug)の単語帳

 

The Grouchy Ladybug Board Book

The Grouchy Ladybug Board Book

 

 

ごきげんななめのてんとうむし

ごきげんななめのてんとうむし

 

 

 

grouchy

【形】
〈話〉機嫌の悪い、不平ばかり言う

ladybird

《昆虫》テントウムシ◆【同】ladybug ; ladybird beetle
〈俗〉浮気な女、移り気な女


aphid

《昆虫》アブラムシ
◆【同】plant louse
発音éifid


stag beetle

《昆虫》クワガタムシ

 


praying mantis

《昆虫》カマキリ


boa constrictor

《動物》ボア・コンストリクター、王ヘビ、ボア
◆南米の大蛇。獲物を締め殺してから飲み込む。

 


screech

【自動】
甲高い声[金切り声・悲鳴]を上げる、〔ブレーキなどが〕キーッと鳴る
【名】
荒く甲高い音、金切り声

 

【和訳】Michel Teló(ミシェウ・テロ)のAi Se Eu Te Pego (アイ・シ・エウ・チ・ペゴ)

 


Michel Teló - Ai Se Eu Te Pego - Video Oficial (Assim você me mata)

 南米、欧州で旋風を巻き起こしたブラジル発のヒット曲。

 ポルトガル語は素人同然なので、日本語訳に間違いがあるかもしれません。

のっさ のっさ
Nossa, nossa
うわっ、うわっ

あしん ぼせ み また
Assim você me mata
そうやって君は僕を殺すんだね

あい し えう ち ぺご
Ai, se eu te pego,
ああ、もし僕が君に手を出したら

あい あい し えう ち ぺご
Ai, ai, se eu te pego
ああ、もし僕が君に手を出したら

でりしあ でりしあ
Delícia, delícia
おいしそうな女の子

あしん ぼせ み また
Assim você me mata
そうやって君は僕を殺すんだね

あい し えう ち ぺご
Ai, se eu te pego
ああ、もし君に手を出したら

あい あい し えう ち ぺご
Ai, ai, se eu te pego
ああ、もし君に手を出したら


さばど な ばらーだ
Sábado na balada
土曜日のパーティー

あ がれーら こめそう あ だんさーる
A galera começou a dançar
みんなが踊り始めた

え ぱそう あ めにーな まいす りんだ
E passou a menina mais linda
一番かわいい女の子が通った

とめい こらじぇん え こめせい あ ふぁらーる
Tomei coragem e comecei a falar
勇気を出して話しかけた


のっさ のっさ
Nossa, nossa
うわっ、うわっ

あしん ぼせ み また
Assim você me mata
そうやって君は僕を殺すんだね

あい し えう ち ぺご
Ai, se eu te pego,
ああ、もし僕が君に手を出したら

あい あい し えう ち ぺご
Ai, ai, se eu te pego
ああ、もし僕が君に手を出したら

でりしあ でりしあ
Delícia, delícia
おいしそうな女の子

あしん ぼせ み また
Assim você me mata
そうやって君は僕を殺すんだね

あい し えう ち ぺご
Ai, se eu te pego
ああ、もし君に手を出したら

あい あい し えう ち ぺご
Ai, ai, se eu te pego
ああ、もし君に手を出したら

 

ケン・ローチ監督「天使の分け前」でスコットランドの英語を学ぶ(でも訛りがひどくて学べない)

 ケン・ローチ監督の「天使の分け前」。

 スコットランドグラスゴーを舞台とした(ケン・ローチにしては)明るい作品だ。

 英語に関しては、とにかく訛りがひどい(ほぼ分からない)。

天使の分け前 [DVD]

天使の分け前 [DVD]

 

 

タイトルについて

 タイトルについては作中で蒸留所の女性が説明してくれている。

Now every year about 2 % of the spirit is actually lost.
It just disappears and evaporates into thin air. Gone forever.
It's what we call the "angels' share".

この(大樽=caskに入った)蒸留酒の約2%が毎年失われる。
跡形もなく蒸発して、二度と戻ってこない。
これを“天使の分け前”と呼んでるの。

 

 辻仁成も「天使のわけまえ」という映画を作っているが(ウイスキーとは無関係?)、ケン・ローチのこの作品はちゃんと「天使の分け前」という言葉がストーリーの伏線になっている。


挿入歌について

 プロクレイマーズが1988年に発表した「I'm Gonna Be (500 Miles)」という曲がたびたび使われている。
 プロクレイマーズはスコットランドの2人組で、この映画の雰囲気にもピッタリの曲だ。

 

 

 サビはこうだ。

500マイル歩いたら
あと500マイル歩く
1000マイル歩いた男になるために
そして君の家の前でぶっ倒れよう

But I would walk 500 miles
And I would walk 500 more
Just to be the man who walked 1000 miles
To fall down at your door

 

 

 それ以外の部分でも「君の隣で起きる男になる」「君のために働く男になる」などとストレートな歌詞を繰り返している(スコットランド訛りで)。

 この曲のためにこの映画が作られたのではないかと思うほど映画にハマった曲だ。


イギリス英語の語彙


sitting room

居間、リビングルーム

 

Go on, get in the sitting room.


mug

<英俗>(だまされやすい)間抜け、バカ

Robbie! No!
Don't be a mug. No!
That's what they want! 

 

ここの「Don't be a mug.」はハリーがロビーに対して諭しているところ。
奴らの狙いどおりにならないよう、「罠に引っかかるな」「こらえるんだ」「思うつぼだぞ」と。


wee

スコットランド)小さな

Luke, I swear on your life, and on mine, that I will never hurt another person as long as I live. That's a promise, wee man.
ルーク
お前と俺の命にかけて誓う
もう誰も傷つけない
約束するよ 

 

You'd have been safer inside, you wee prick.
Watch your fucking back.
- See you soon, you wee dick.
- Catch you after, hairy hole.
ムショのほうが安全だったのにな
背後に気をつけろ
またな
覚悟しとけ(=asshole) 

 

scamp

ヤクザもの; やんちゃ小僧
アメリカでも使う)

You're a scamp, Robbie Emerson.
From the first day I saw you.
やんちゃな男だわ
一目会った時からね

 

イギリスの英語~『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』編

 

 エドガー・ライト監督『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』。

 『ショーン・オブ・ザ・デッド』に続いて取り上げます。

 

horsefeathers.hatenablog.com

 

 

chew the fat

だべる(←chat)

GARY
Come on, we can catch up, chew the fat, it’ll be just like it always was, except this time we’re going to finish it once and for all.

 

minted

〈英俗〉裕福な、金持ちの


GARY
Pete wasn't the kind of kid we'd usually hang out with but he was good for a laugh and his dad was minted.
(面白い奴で親父は金持ちだった)


totes

=totally
(イギリス英語は略されることが多い)

 

GARY
Totes.


Up yours!

くたばれ、くそったれ、くそ野郎、畜生、など

 

Up yours! Up yours! Up yours!

pub crawling

はしご酒

 

twatted

酔っぱらった

 

chuck a whitey

(=throw a whitey)

吐き気がする、ゲロを吐きそう

 

GARY

Pete chucked a whitey so we had to bench him.

 

crumbs

(間投詞)おや、まあ
Samが多用する。