映画は字幕なしで見たいブログ

英語とフランス語がもっとできたらいいのにね

映画

占領下のフランス①豚肉50キロを持って縦断(でも邦題は『パリ横断』)

『パリ横断』(1956年フランス、クロード・オータン=ララ監督)は占領下のパリが舞台。 失業中のマルタン(ブールヴィル)が闇市の仕事を引き受け、街で出会ったグランジル(ジャン・ギャバン)という男と豚肉を運ぶ話。この2人の珍道中が面白い。 グーグル…

抑えの利いたサスペンスの秀作『ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者』

ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者 [DVD] 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/07/05 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) を見る ロマン・デュリス主演だが日本では劇場未公開。WOWOWで放送された後、DVD化された作品。 主人公ポールは、妻の不…

決して単なる感動作ではない『ギルバート・グレイプ』

『ギルバート・グレイプ』は、アイオワ州の「何も起こらない」小さな田舎町エンドーラが舞台。主人公の青年ギルバート(ジョニー・デップ)は、自閉症の弟(レオナルド・ディカプリオ)や引きこもりの母を養っている。 初見時は、宣伝文句にありがちな「厳しい…

ギヨーム・カネの監督デビュー作『Mon Idole(僕のアイドル)』(2002)

俳優ギヨーム・カネの監督デビュー作『Mon Idole(僕のアイドル)』(2002年仏)は、テレビ業界の内幕を滑稽に描いた意欲作。 新米ADが憧れの大物プロデューサーに新番組の企画を売り込み、業界での成功を掴もうとする、という粗筋。言うなれば、オリ…

悪魔が夜来る(Les Visiteurs du soir)

悪魔が夜来る [DVD] 出版社/メーカー: ジュネス企画 発売日: 2012/11/26 メディア: DVD この商品を含むブログを見る マルセル・カルネ監督とジャック・プレヴェール個人的には「天井桟敷の人々」「陽は昇る」「霧の波止場」のほうが好きだが、この1942年の映…

デュラス「苦悩」、そして「あなたはまだ帰ってこない」

苦悩 作者: マルグリット・デュラス,田中倫郎 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/01/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る クニー:この映画でも、例えば « il nʼest pas plus raisonnable de penser quʼil ne reviendra pas que de pe…

ジャック・ドゥミ「天使の入江」

天使の入江 ジャック・ドゥミ DVD HDマスター 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー 発売日: 2019/01/25 メディア: DVD この商品を含むブログを見る ギャンブルを題材にした映画は少なくないが、この映画はジャンヌ・モロー(当時35歳)がルーレットにハマッた…

オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督「12か月の未来図」

LES GRANDS ESPRITS (dvd) メディア: DVD この商品を含むブログを見る ※輸入盤です。 「12か月の未来図」はパリの難関、アンリ4世高校の教師だったエリート出身のフランソワが、郊外にある移民ばかりの教育困難校、バルバラ中学校で1年間教えることになる…

レオス・カラックス監督「汚れた血」のラスト

汚れた血 [DVD] 出版社/メーカー: ショウゲート 発売日: 2007/05/25 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (38件) を見る レオス・カラックス監督「汚れた血」のラストでアレックスがこう呟く。 Un jour, ça sera comme quand on a …

Quentin Dupieux監督「勤務につけ!(Au Poste !)」

ツイッターに「ふつごぽん」さん@futsugoponという方がいらっしゃいまして、フランス語の勉強に非常に役立っている。 その口調が非常に印象深い女性言葉で、ついついマネしたくなったのが以下のツイートです。 Quentin Dupieux監督の「勤務につけ!(Au Poste…

アルメンドロス@トリュフォー

トリュフォー 最後のインタビュー 作者: 蓮實重彦,山田宏一 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2014/10/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 蓮實 私の大学の学生のなかに、すでに四年前にトリュフォーにおけるロウソクをめぐる論文(松浦…

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル [DVD] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2017/12/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) を見る 【ジャン・コクトー】「たかが世界の終わり 」までのドキュメンタリー。「バウンド・トゥ・インポ…

「終電車」@トリュフォー最後のインタビュー

※蓮實重彦、山田宏一「トリュフォー 最後のインタビュー」より。【反ユダヤの劇評家ダクシア】 ドパルデューの役には、ジャン・マレーの自伝から来ている部分があります。たとえば彼がドイツ軍に協力する劇評家に殴りかかる場面がありますが、あれなどはまさ…

ハリー@「第三の男」

第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD] 出版社/メーカー: IVC,Ltd.(VC)(D) 発売日: 2009/03/19 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (13件) を見る 【観覧車の中・1】 そんなものを見たって気持ちがいいもんじゃない。犠牲者? …

植草甚一@「第三の男」放談

第三の男 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2013/03/27 メディア: Blu-ray クリック: 2回 この商品を含むブログ (11件) を見る 第三の男【淀川長治解説映像付き】 [DVD] 出版社/メーカー: IVC,Ltd.(VC)(D) 発売日: 2009/03/19 …

奥さんは溺死させたらどう?(ムルナウ「サンライズ」)

ムルナウの『サンライズ』は、若い夫婦の試練を描いた映画。 ある夏のこと。都会の女が静かな避暑地の村に来る。そして、村に住む男をたぶらかす。 男には妻がいるが、都会の女に首ったけになる。 次のシーンは、都会の女が男に「都に来ない?」と誘い出すシ…